fieldある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽化の瞬間、ついに目撃

<<   作成日時 : 2012/07/01 03:47   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

ツマグロヒョウモンの羽化の瞬間をついにキャッチ
画像

ガラスケースで蛹になったツマグロヒョウモン3頭のうち
2頭は6月26日(♀)と28日(♂)に目を離した隙に羽化。
残りの1頭を29日朝8時過ぎに覗くと、ピクリと動きました。
慌ててカメラを取ってきて電源を入れると
もう殻が割れ姿が見え始めています。以下、羽化の様子です。
画像

画像

画像

翅の先が青黒いのが分かります。メスです。
頭から殻の中に伸びている黒いヒモは触角。
蛹の殻の中ではお腹側に折りたたまれていたんですね。
(写真をクリックして拡大して見てね)
画像

目の左側に見える白い短いものは、退化した前脚(第1脚)か。
タテハチョウの仲間は短い第1脚が顔の下に折りたたまれ
脚が4本しかないように見えます。羽化完了後の写真を見てね。
画像

脱出完了。この間わずか1分の早業でした。
画像

体の向きを変え、翅を伸ばしていきます。
口吻を伸ばしていますが、よく見ると2本ありますよ。
1本のストローかと思っていたのですが・・・
2本合わせて蜜を吸うのか?
画像

画像

画像

画像

翅がほぼ伸びきりました。羽化開始からわずか7分。
画像

翌朝、放してやるためにケースごと外へ。
画像

手に乗せて放してやりました。
画像

一昨年からジャコウアゲハ、ツマグロヒョウモン、ナミアゲハを
合わせて二十数頭羽化させましたが、羽化の瞬間を見たのは初めて。
その場にいながら、ちょっとよそ見した間に羽化されたこともありました。
凝視しているうちにうたた寝していまい、見逃したことも。
脱出にわずか1分しかかからないのでは、
なかなか目撃できないわけだ(言い訳です)

下の写真は26日と28日に羽化したメス(上)とオス(下)。
画像

画像

ツマグロヒョウモンを放した後
24日にナミアゲハの卵を見つけた山椒の葉を見ると
なにやら小さなゴミのようなものが(肉眼では判別できません)。
デジカメで撮って拡大してみたら・・・幼虫です。
28日にはまだ卵だったから、孵化してせいぜい1日か。
長さ2ミリ程しかありません。まだ鳥の糞には擬態してないんだね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
winning-fieldさん おめでとうございます
見事に写真におさまった『生誕の瞬間』っていうんですか?数分のこととは思えませんね。
この瞬間を逃すまいと張り付いていた時間を想像すると、長いですよね。貴重なレポート(=^0^=)。

青い空に、当たり前に飛んでいるさんですが、これからは感じることが変わります。
winning-fieldさんの手から離れる時「ありがとう」と言っているようですね。
pass子
2012/07/01 07:35
タテハチョウの脚が4本しか見えないのはどういうことかと思っていましたが、この写真でみると、可愛い脚が1対ついているのですね。
ストロー2本は新たな疑問です。
新鮮な雌の美しさは格別ですね。
エフ・エム
2012/07/01 16:24
pass子さん
貴重な瞬間への立ち会いをやっと蝶に許してもらえた、って感じです。
でも、写真を撮るのに必死で目で見る余裕がありませんでした。あと何度か立ち会わせてもらわないと・・・
小さな虫たちも一所懸命生きているんだなあと思うと、イモムシを見る目も変わりますよ
winning-field
2012/07/02 01:02
エフ・エムさん
蝶のストローについて解説したページを見つけました。
http://www.pteron-world.com/topics/anatomy/seichu/head2.html
最初は2本の樋のように分かれていて、しばらくするとチャックでくっついたようになるらしい
winning-field
2012/07/02 01:41
わ〜い
おめでとうございます
二十数翅も羽化させていて、たった1度見れるか見れないかの羽化の瞬間だと思うと神々しいですね
生まれたばかりはストローが2本あるなんてことも、私だったら見ていても気が付かなかったでしょう。
ホントに貴重な画像を見せていただきました
羽化の瞬間を見て、さらに蝶の飼育が病みつきになりそうだね。また次々と見せてね
karake
2012/07/02 07:07
すごいですね〜(゚o゚)/♪7分だの1分だの、てそんなに早いのですね〜!今朝、近所の田んぼにツマグロの幼虫を見に行ってきたところです。でも、もう一匹も幼虫は見つけることができませんでした。次は飼ってみたいなと思います。winningーfieldさん、は園芸用のスミレで育てましたか?
やまや
2012/07/02 12:04
karakeさん
いやー、やっとkarakeさんの期待に応えることができました
2本のストロー等々、まだ不思議なことがいっぱいです。もっと観察しなくちゃね。
今ケースにはナミアゲハの幼虫が3頭いますよ。はまっちゃって抜けられなくなりそう
winning-field
2012/07/02 12:55
やまやさん
玄関先のパンジーやビオラの鉢に付いていた幼虫を育てました。この時期、パンジー類はもう盛りをすぎてて食草の確保が難しくなりますよね。
昨年は9月初めまで幼虫が発生、そこまでビオラをなんとかもたせたのですが、最後は葉がなくなり、仕方なく幼虫を野に放しました。散歩しながらスミレを探したんですが、見つけられず・・・
winning-field
2012/07/02 13:35
ついについに、やりましたね〜〜
おめでとうございます
え〜〜?そんな短い時間に?あっさりと??
なんか、えんえん悶々といていそうだけど、案外あっさりなのねえ。
なぬ!ストローが2本がくっついて1本になる???
なんと!!!
ええ???
って事は、もしかして、すご〜〜い瞬間の写真じゃないですかあ
良かったですねえ。待ったかいがありましたね
よしこ
2012/07/02 22:18
よしこさん
ありがとうございます。3年間頑張った甲斐がありました
って、私は見てただけで頑張ったのは蝶たちですけどね。
幼虫→蛹→蝶への劇的な変化、前脚の退化、2本のストローなどなど、不思議がいっぱいの世界で、ますますはまりそう
winning-field
2012/07/02 23:38
おぉ〜
ついにやりましたね!!
1分でしたかぁ
それはまた早技っ
でも、羽化ってカッコいいですね
ちゃたろう
2012/07/03 22:16
ちゃたろうさん
あっという間の出来事でした。
蝶にとって羽化は一番危険な状態ですから、とにかく急いでいるんでしょうね
蝶もセミも羽化は感動ものです
winning-field
2012/07/04 02:21
亜子さんのブログからとんできました。
とてもきれいな蝶ですけど、ごく普通に見られるのでしょうか。
北海道にもいるのかな?
k
2012/07/07 00:55
kさん、こんにちは。
訪問ありがとうございます。
ツマグロヒョウモンはもともと南方系の蝶で、関東地方で見られるようになったのは最近のことのようです。幼虫はスミレ科の葉を食べるので、パンジーなどの園芸用苗の移動に伴って、また温暖化の影響も受けて生息範囲を広げていると言われています。
北海道にもそのうち現れるかも
これからもよろしくお願いいたします。
winning-field
2012/07/08 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽化の瞬間、ついに目撃 fieldある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる