fieldある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蝶の飼育、事始め

<<   作成日時 : 2012/06/07 20:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

庭の山椒の木にいたナミアゲハの幼虫をケースに移しました。
あと2頭いたはずなんだけど、この1頭しか見当たりません。
画像

また今年も飼育に手を出してしまいました。
イモムシから蝶への華麗で神秘的な変身の過程を見てしまうと
やみつきになります。

そして、パンジーの鉢ではツマグロヒョウモンの幼虫を1頭発見。
こちらはもう少し大きくなるまで鉢にいてもらおう。
画像

トゲトゲがあってちょっとやばそうなイモムシですが
成虫はとっても綺麗なんですよ。嫌わないでね。
蛹も面白い特徴があるんです。
昨年育てた成虫がこちら(上がオス、下がメス)。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
winning-fieldさん・・・可愛いけどお任せするね。
pass子
2012/06/07 23:36
pass子さん
イモムシ、お嫌いでしたね。
私も以前は苦手でしたが、今はイモムシに出会うと、どんな蝶に変身するんだろうって思っちゃいます
これに懲りずにまた来てくださいね
winning-field
2012/06/08 00:55
イモムシ、ケムシが嫌いな方は多いですね。
私はこの連中を見つけると大喜びします。カメラ、カメラ・・・。

ゴキブリとカマドウマはあまり好きではありません。
エフ・エム
2012/06/08 07:24
エフ・エムさん
私もイモムシを含め虫を見つけると、つい写真を撮ってしまいます。
ゴキブリとカマドウマを好きな人はあまりいないでしょうね
winning-field
2012/06/08 23:45
こういう記事をお待ちしていました(笑)♪近頃、イモムシ毛虫・毛虫に興味津々です(^^)。初めは蛾だと思っていたイモムシと、公園で見た綺麗なサナギと、ツマグロヒョウモンの成虫がつながった時の感動は、今も忘れませんよ〜♪
やまや
2012/06/09 03:18
はい、私も山椒の木を見つけるとイモムシが付いてないか確認してしまいますが、今はシジュウカラで精一杯なので飼育は断念しています。
でも、ツマグロヒョウモンの幼虫を見つけたらゲットかな(笑)ツマグロヒョウモンは綺麗な方がメスなんですね
雌の方が綺麗な生物は人間だけかと思ってました
シジュウカラは、モンシロチョウサイズの青虫をよく運んできてますよ。今朝はちょっと大きな毛虫も。毛虫をどんどん捕って撲滅して欲しいわ。
karake
2012/06/09 12:17
やまやさん
イモムシ嫌いな方にも配慮しつつ、成長過程を記録していきたいと思います。
蝶や蛾の劇的な変身、不思議ですよね。
winning-field
2012/06/09 16:41
karakeさん
イモムシに「かわいい」気持玉をくれるのは、karakeさんだけだよ、きっと
最近の若い男性は美顔や手足のむだ毛処理などに力を入れるらしいから、女性もうかうかしていられない
毛虫差別はんたーい、毛虫権を尊重せよー
winning-field
2012/06/09 16:57
黒いイモムシは よくパンジーについたりしますよね!
まさかこんなヒョウ柄っぽい蝶になるとは驚きです!!
フカフカ
2012/06/10 16:52
フカフカさん
イモムシの華麗なる大変身、面白いでしょ。
ツマグロヒョウモンはもともとは南方系で東日本では見られなかった蝶ですが、温暖化と家庭でのパンジー・ビオラの栽培のためか生息範囲を急速に広げ、千葉でも頻繁に見られるようになりました。
winning-field
2012/06/11 01:35
ん〜、始まりましたね
でもwinning-fieldさんがイモムシを苦手だったときがあったとは驚き
何がきっかけで、飼育するようになったんですか?
ちゃたろう
2012/06/11 20:30
ちゃたろうさん
アゲハの幼虫は子どもの頃から見慣れていたので嫌いではありませんでしたが、他のイモムシ・毛虫は種類も知らないまま害虫としか思っていませんでした。
でも、散歩や観察会でユニークなダンスをしてくれるフクラスズメの幼虫に出会ったり、すごいトゲを持った毒々しいイモムシが綺麗なルリタテハの幼虫だと分かって以来、新たな幼虫に出会うたびにこれはどんな蝶に変身するんだろうと興味がわいてきました。
そして飼育を始めたきっかけは、こちらのブログに書いてありますので読んでみてくださいね。
http://winning-field.at.webry.info/201008/article_1.html
その後、庭の山椒にたくさんいるのにいつの間にか消えてしまうアゲハの幼虫の羽化が見てみたくなり、またビオラにいたイモムシの正体を知りたくて・・・という次第です
winning-field
2012/06/11 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
蝶の飼育、事始め fieldある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる