fieldある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後の蛹化

<<   作成日時 : 2012/12/26 01:51   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

2週間ほど前のことになりますが、
ガラスケースで飼っていたナミアゲハの幼虫が蛹になりました。
これで今年のアゲハの蛹化はおしまいです。
画像

お尻に脱皮殻がくっついてるけど、たぶん大丈夫でしょう。
このアゲハ、10月末に庭の山椒の木で終齢幼虫になっていたのを
他の2頭とともにケースに取り込んだもの。

ケースに入れても寒さのせいか、3頭とも動きや餌の食いが鈍く
前蛹状態になるのに1カ月余りもかかりました。
画像

そして、蛹になるのにさらに1週間近く。
生きているのかどうか心配になるくらいスローテンポでした。

同時に取り込んだ他の2頭はというと・・・
1頭は蛹化の際に体を支えていた糸が切れて落下。
昨年の「落ちたサナギ」同様に
小さな紙のカップを作り入れてやろうとしたところ、
手が滑って床に落としてしまいました。
体が柔らかいので大丈夫だろうと思ったのですが、
体液がしみ出してきて・・・
かわいそうなことをしてしまいました

もう1頭は前蛹状態になっていたのですが
画像

脱皮に失敗したのか
腰のあたりに回した糸で体を支えているものの
幼虫の形のまま色が変わってます。恐らくもう・・・
画像

この1頭を除き、ケースには現在7頭の蛹がいます。
すべてナミアゲハ。
越冬して来春、無事に羽化するのを期待しましょう。

今年もナミアゲハとツマグロヒョウモンの幼虫をいっぱい育てました。
ちょっと残念だったのが、
ジャコウアゲハが今年は庭に来てくれなかったこと。
幼虫の食草のウマノスズクサは順調に増えているんだけどなあ。

この1年は乗馬に入れ込んでいたせいで
散歩や虫の観察があまり出来ず、
ブログの更新も滞りがちでした。来年はもう少し頑張らないとね

ちなみに乗馬ですが、
先週20日に3級のテストを受けました。
結果が出たらまた報告いたします

下の写真は乗馬クラブでの忘年会の一コマ。
お〜、ここにもケムンパス(毛虫)が2匹。
私ではありませんよ。インストラクターです
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
部屋の中ではなんとか蛹化できたものの、十月末の終令幼虫には無理だったでしょうね。無事羽化することを期待しています。いいブログ記事になるといいですね。
エフ・エム
2012/12/27 08:00
エフ・エムさん
自然界は厳しいですよね。ケースの中で育てるのがいいのかどうか、ふと悩むこともあります。でも、飼って観察してみることでいろいろ分かって面白いです。
winning-field
2012/12/27 15:54
外にいるままだと、お亡くなりになるのでしょうか。
だとしたら、どうしてそんな時期に幼虫が出てくるのかな。
他の生き物の餌としての、お役目だけ?

2012/12/28 20:26
kさん
幼虫をそのまま外に放置していたらどうなるのか、来年秋の研究課題にしておきます。でも、外の終齢幼虫はいつの間にか姿を消してしまうことが多く、観察が難しいです。サナギになる前に大移動するし、鳥に食べられることも多いのかな。また、小さなハチやハエに寄生され、羽化できないサナギもいます。来年は網をかぶせて観察してみますね。
winning-field
2012/12/29 12:40
わ〜、幼虫&蛹飼いたい
今、蛹になったコは越冬繭だね。
感動的な来春の羽化が楽しみです。
ワタシもその感動が忘れられないので・・・来年はまた幼虫を捕まえて観察したいっ
karake
2012/12/30 00:58
karakeさん
羽化の瞬間はなかなか見られないけど、イモムシ→サナギ→蝶への華麗なる変身は感動ものですよね。
観察報告を待ってますよ
winning-field
2012/12/30 11:58
winning-fieldさんを真似て育てようとしたけど、1匹も羽化させることが出来ず、その難しさを知りました 。その分、羽化した時の感動は大きいのでしょうね〜♪winning-fieldさんの家の羽化を楽しみにしています 。来年もよろしくお願いいたします  
やまや
2012/12/30 13:16
やまやさん
ケースの中で飼えば外敵にやられることもなく、簡単に育てられるし、じっくり観察できますよ。ただし、餌の補給を忘れずに。
セミならもっと簡単。夏の夕方、木に登っている幼虫を捕まえてきて部屋の観葉植物やカーテンにつかまらせておけば、夜8時ころには羽化しますから
蝶もセミも羽化は感動します。来年はぜひ挑戦してみてください。これからもよろしくお願いいたします
winning-field
2012/12/30 15:55
乗馬の世界にもテストはあるんですね。
緊張しますよね〜、テストって響き。
でも合格ですね!きっと。
乗馬、すごくワクワクする趣味がまた一つ増えて素敵ですね。それに乗馬クラブも楽しそう♪
最後の写真、久々にキョンシーを思い出しちゃいました
ちゃたろう
2012/12/30 19:45
ちゃたろうさん
昨年11月に乗馬を始めたときは1年くらいが目途かなと思ったのですが、まだ全然やめられそうにありません。もう少しできるようになりたい、ってだんだん欲が出てきます
キョンシー、懐かしいですね。息子が小さいとき真似してました
来年もよろしくお願いいたします
winning-field
2012/12/31 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最後の蛹化 fieldある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる