fieldある記

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ちたサナギ

<<   作成日時 : 2011/09/15 02:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

これは何でしょう?
ソフトクリームでもフライドポテトでもありませんよ。
ジャコウアゲハの蛹です。
画像

育てていたジャコウアゲハ3頭がケースの中で蛹になったものの、
うち1頭が下に落ちていました。
蛹化の際、枝や壁に体を糸で固定し、脱皮殻を振り落とすのですが、
逆に自分が落ちてしまったようです。殻はガラス面に残ってました。

そこで紙で円錐形の器を作ってテープでガラス面に貼り
蛹を入れてやりました。
うまく羽化できるかな。

こちらが本来の蛹の状態。
画像

こちらは逆さ吊りの刑?
ツマグロヒョウモンの蛹の抜け殻です。
画像

やはり落ちてしまった蛹を糸で縛り
菜箸にぶら下げていたのですが、今朝無事に羽化しました。
ツマグロヒョウモンなどタテハチョウの仲間の蛹はアゲハと違い
お尻だけを固定して逆さにぶら下がります。
なので逆さ吊りの刑ではなく、逆さ吊り救済。

こちらが今朝羽化したメス。
画像

翅の裏の模様。
画像

砂糖水を吸ってます。
画像

隣にいるのは、庭の山椒の木にいたナミアゲハの幼虫。
1つのケースにジャコウアゲハ、ツマグロヒョウモン、ナミアゲハが同居中。
ミニ「蝶の館」?

昨日羽化したツマグロヒョウモンのオス。
画像

画像

このツマグロヒョウモンたち、今年の第3陣です。
最初に育てた蝶の孫たちかな?

第3陣の幼虫はビオラの鉢で6頭見つかりました。
ケースに収容したものの、餌のビオラは盛りを過ぎ、残りわずかでした。
とうとう葉はなくなり、茎を細かく切って与えたけれど、それも限界。
餌を求めてケース内を動き回る幼虫たちに、こちらも“困った〜”。
近所を歩いて探しても、この時期パンジー類やスミレがあるわけもなく、
辛うじて蛹になれた3頭を除き、仕方なく野に放してやりました。ゴメン。
無事に育っていると思いたいけど・・・

今回羽化したツマグロヒョウモンも繁殖できるんだろうか?
産卵場所になるパンジー類が出回るにはまだ早いだろうし・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいなぁ〜
落ちた蛹をもう一度吊れるなんて…
どっちが上か下か右か左か分かんないですもん
上手く羽化できるといいですね
ちゃたろう
2011/09/15 19:04
ちゃたろうさん、こんにちは。
今年はいっぱい育てたので上下左右が分かるようになりました。タテハチョウの仲間の蛹が逆さ吊りになるって、飼ってみて初めて知りました。
ツマグロヒョウモンの蛹はトゲトゲがあるので糸を掛けるのも楽でした。
蛹も動くって知ってます?触るとお腹の部分をクネクネ、ぴょこぴょこ動かすんですよ
winning-field
2011/09/15 19:54
蝶の羽化はワクワクものですね、なんだか子供のころ夢中になったころを思い出します。
soreiyu
2011/09/15 20:40
おお〜すごい、さすが
蛹は落ちちゃったら、上手に羽化できないのかしら?

それと、ずっと疑問なこと!
蝶たちは何月まで繁殖を続ける?
寒くなれば、食べる葉っぱもなくなるし、でも春には蝶々がいきなり飛び始めるでしょ。
卵のままで冬越しするコがいるってことなのかな?
karake
2011/09/15 23:21
soreiyuさん
飼っていても羽化の瞬間はなかなか見られませんよね。
我が家には近所の子どもが何人か出入りするのですが、幼虫や蛹の変化を興味深そうに見ていきます。中には虫の嫌いな子もいますが。
winning-field
2011/09/16 02:07
karakeさん
落ちても羽化できると聞いたことがあります。ただ、庭やこのケースの中で翅をうまく伸ばせないまま、よたよた歩く蝶を以前見ました。庭のアゲハは羽化直後、強風に飛ばされたようでした。ケースのツマグロヒョウモンは、やはり羽化直後に落ちたのか、翅を伸ばすスペースが足らなかったのか・・・カミさんは子どもの頃、蛹を綿の上に置いておいたら羽化した蝶が綿に絡まって死んでしまったそうです。綿はダメだよね
また、ケースのガラス面で横向き(90度倒れた状態)で蛹になったジャコウアゲハがいたのですが、羽化した成虫は左右の翅の大きさが少し違いました。翅を作るバランスも崩れたのかも。
ということで、落ちた蛹はリスクを減らすため、本来の姿勢に近い形でぶら下げてやりました
冬越しについては、種類によって成虫、蛹、幼虫、卵で過ごすものなど、いろいろなようですよ。ちなみに、ツマグロヒョウモンは幼虫および蛹越冬、アゲハの仲間は蛹越冬だそうです。
winning-field
2011/09/16 03:09
こんにちは!すごいですね〜 !ジャコウアゲハということはウマノスズクサで育てたのですか?あと、水槽で飼うと蝶の表も裏も見れるんですね〜♪きれいです!
やまや
2011/09/16 03:28
やまやさん
昨春、市がジャコウアゲハを復活させようということでウマノスズクサの苗を希望者に配ったんです。それで庭に植えました。
最初はジャコウアゲハを育てている方から幼虫を分けていただいたのですが、この夏はついに庭のウマノスズクサで幼虫と卵を発見、ある程度大きくなったところでケースに移しました。なんせジャコウアゲハの幼虫は大食漢で、葉だけでなく、茎や花まで食べてしまうんです上の方から食べてくれるならまだしも、下の方の茎をかじって枯らしてしまうこともあるので、ケースに強制収容し育てました。
まだウマノスズクサの株が小さいので餌不足にならないかとヒヤヒヤものでしたよ
winning-field
2011/09/16 03:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
落ちたサナギ fieldある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる